「飲み物何にする? お茶、コーヒー、水?」 自然に選択肢に入ってくるほどポピュラーな飲み物であるコーヒー。コーヒーが好きでよく飲むという方も多いですよね。 かくいう私もコーヒーは毎朝飲みますし、仕事中にもよく飲んでいます。コーヒーの香りはリラックス出来ますし、目が覚めるのでいいですよね。

そんなコーヒーにダイエット効果あるって知ってましたか? それも食前に飲んだ方が効果的なんです。コーヒーといえば食後に飲む人の方が多いのではないでしょうか。 私は学生時代にレストランでバイトしていたのですが、ドリンクを出すタイミングをお客様に尋ねるとやはり食後と答える人が圧倒的多数でした。ダイエットしてるのにコーヒーを食後に飲んでるいる方、もったいないですよ。コーヒーのダイエット効果を活用できていないかもしれません。

せっかくコーヒーを飲むのであれば、ダイエットにも最大限活用していきたいですよね。これからコーヒーのダイエット効果をご紹介していきますので、ぜひチェックしてくださいね!

[cc id="8474" title="【ドクターズダイエットまとめ1】"]
[cc id="8470" title="【ドクターズダイエットまとめ2】"]

食前にコーヒーを飲むことで得られるダイエット効果

豆大福 くん豆大福 くん

僕も今まで食後にコーヒー飲んでたよ。というか大抵の人はそうなんじゃないのかな?


あんみつ さんあんみつ さん

私もそう。食前か食後かでそんなに変わるのかしら。

ダイエットのためなら、コーヒは食事の前に飲むことがオススメです。 食前に飲むことで以下のようなメリットがあります。

食前のコーヒーのメリット
  • 脂肪の蓄積を抑え、脂肪の分解を促進する
  • 食欲を抑える
  • 糖の吸収スピードを緩やかにし、血糖値の急上昇を抑える

脂肪がつきにくくなって食欲も抑えられるなんてダイエットにはもってこいですね。それぞれについて細かくみていきましょう。

脂肪の蓄積を抑え、脂肪の分解を促進する

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが多く含まれています。このクロロゲン酸には脂肪分解を促進する働きと脂肪の蓄積を抑える働きがあり、 体に蓄積されてしまった脂肪分を分解して減らす効果と食事からとった脂肪を身体にに貯めにくくする効果が期待できます。

また、カフェインには、脂肪を分解する働きを持つ消化酵素リパーゼを活発にする効果があり、これによっても脂肪燃焼が促進されます。 さらに血行を促進させる効果があるので、これによって基礎代謝が上がることにもなります。

たい焼き くんたい焼き くん

ってことは、コーヒー飲みまくれば脂肪燃焼しまくり?


あんみつ さんあんみつ さん

そんな上手い話があるわけないでしょ。それにたい焼きくんは今でも結構コーヒー飲んでるじゃない。


コーチKコーチK

何事も過剰摂取は意味がないですよ。コーヒーの飲み過ぎは胃に悪いので気をつけてください。あと口臭の原因にもなります。


あんみつ さんあんみつ さん

あっだから、たい焼きくん・・・(鼻つまみ)


たい焼き くんたい焼き くん

・・・。

そう、コーヒーにはコーヒー豆の微粒子が溶け出しており、この微粒子が舌の表面に付着すると独特なにおいを発生させ口臭の原因になるんです。
気になる方はマウスウォッシュを使ったり、舌ブラシを使用して口臭ケアをしましょう。

食欲を抑える

コーヒーに含まれているカフェインが、交感神経を活発にすることで血糖値を上げ、食欲を抑えることができます。 またコーヒーのリラックス効果で気持ちを落ち着かせることで、ダイエット中のストレスを緩和し、少ない食事でも満足できるという効果も期待できます。

食べる前に飲み物である程度お腹を満たしておくことで食べ過ぎを防ぐことにも繋がります。

あんみつ さんあんみつ さん

確かにコーヒーを飲むとリラックスできるよね。


たい焼き くんたい焼き くん

お腹が空いてるとご飯をガツガツかきこんでしまうけど、一旦コーヒーを飲んで落ち着かせるのはいいかも

糖の吸収スピードを緩やかにし、血糖値の急上昇を抑える

クロロゲン酸には脂肪だけでなく糖の吸収を抑える働きがあります。食前にコーヒーを飲むことで、血糖値の急上昇を防ぎ、緩やかに吸収されることで長時間にわたって満足感をキープすることができます。

人は血糖値が急激に下がるときに空腹感を感じます。血糖値を急上昇させなければ、急に下がることもないので空腹も感じにくいというわけです。

たい焼き くんたい焼き くん

コーヒーは糖質の吸収を抑える働きもあるんだね。


あんみつ さんあんみつ さん

たい焼きくんはご飯をガツガツ食べちゃう早食いタイプだから、空腹を感じやすいんじゃない。


たい焼き くんたい焼き くん

だからいつもお腹減ってたのか。血糖値を上げないように食べる前にコーヒーを飲んで、ご飯もゆっくり食べるよ。

ダイエット効果を上げるコーヒーの飲み方

様々なダイエット効果を持つコーヒーですが、さらに効果をあげるポイントをご紹介します。

砂糖やミルク入りではなくブラックで

コーヒーはブラックで飲むことをオススメします。そもそもダイエット中に砂糖たっぷりのコーヒーなんて飲まないですよね。 砂糖やミルクを入れるとカロリーが高めになってしまいますし、カフェインの働きを阻害していまいます。

ブラックコーヒーに砂糖やミルクを入れた場合のカロリーを比較すると、概ね以下のようになります。

ブラックコーヒー 8kcal
ミルク入りコーヒー 20kcal
砂糖入りコーヒー 31kcal
ミルクと砂糖入りコーヒー 43kcal

やっぱりダイエット中はなるべくカロリーは抑えたいですよね。

アイスよりホット

アイスよりホットの方が、カラダを温めてくれるので、それだけでも代謝を高めてくれるのでオススメです。 またホットコーヒーの方が、カフェインやクロロゲン酸などの成分を効率よくとることができます。

ただし、熱湯だと脂肪を分解してくれるクロロゲン酸の効果が失われてしまう可能性があるので、80度前後のお湯を使用した方がいいでしょう。

インスタントよりドリップコーヒー

インスタントコーヒーでも効果はありますが、ドリップコーヒーの方がカフェインとクロロゲン酸が多く含まれるためドリップコーヒーがオススメです。 何よりドリップの方が香りが立って美味しいですよね。

今までインスタントコーヒーを主に飲んでいた人は、これを機にコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか。以下のようなセットが売っていますし、ミルがなくても挽いた状態のコーヒー粉でも買えます。先が細くなっているドリップ用のケトルの方が淹れやすいですが、やかんでもまぁ大丈夫です。一度自分で淹れてみると香りも全然違いますし、ハマってしまうかもしれませんよ。
個人的には、無心でお湯を注いでいる時がコーヒーのいい香りもあいまってリラックスできる瞬間だったりします。

1日3杯を目安に

まず何事も飲み過ぎはよくないので、脂肪燃焼効果を求めてコーヒーを大量に飲むのはやめましょう。 飲みすぎると胃の粘膜を傷つけたり、消化液の酸性を強めたりして、胃を痛めてしまいます

また、コーヒーの効果は飲んでから30分〜1時間後に現れ、3時間〜4時間ほど持続します。 このことを考慮しても1日3杯程度がベストではないでしょうか。となると1日3食の前に飲めばちょうどいいですよね。

コーヒーにプラスα

コーヒーにバターやココナッツオイルを加えて飲むダイエット方法もあります。コーヒーに良質な脂質を加えると、腹持ちがよくなり、また悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすといった健康効果も期待できます。 詳しくは以下の記事に書かれていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

[keni-linkcard url=”https://dietnavi.xyz/coffee-butter-diet/” target=”_blank”]

おすすめドリップコーヒーバッグ5選

ドリッパーにフィルター、サーバー、ミル、、、本格的にコーヒーを入れるのは色々と買い揃えないといけないのでちょっと大変ですよね。お家で本格的なコーヒーを入れるのって憧れますし楽しそうだけど、お金も時間も手間もかかります。なかなか手が出ない。

そこで手軽に淹れられる、だけどインスタントではない、おすすめドリップバッグをご紹介します。

UCC 上島珈琲 職人の珈琲ドリップ深いコクのスペシャル

「職人の珈琲」っていう名前からして美味しそうですよね。こちらはアマゾンのドリップバッグ売れ筋ランキングで1位の商品でもあります。コーヒーチェリー(実)のまま天日乾燥・精製し、果肉の旨味をコーヒー豆に凝縮していてコーヒー本来の「甘さ」が特徴の商品です。

KEY COFFEE DRIP ON スペシャルブレンド

苦みと酸味のバランスがよく、すっきりとした口当りのブレンドコーヒー。昔からあるロングセラー安定の美味しさですね。香りもいいです。一杯50円くらいなのでコスパの良さも嬉しいですね。

小川珈琲 小川プレミアムブレンド ドリップコーヒー

小川珈琲は1952年創業で、「香りたつ伝統 上質の味わい」とのキャッチフレーズです。香りたつ伝統って、めちゃくちゃ奥深くいい香りがしそうじゃないですか。プレミアムブレンドは苦味、酸味、コクのバランスが良い味です。酸味が強いものが好きな人には物足りないかもしれませんね。

マキシム ちょっと贅沢な珈琲店 コーヒーバッグ

コーヒー豆はすべて専門の鋭敏な味覚をもつ検査員が厳しく検査して、合格したものだけが「ちょっと贅沢な珈琲店」に使用されるそうです。贅沢ですね。それなのに、一杯約26円というリーズナブルさは驚きですね。
こちらも非常にお値打ち価格のドリップコーヒーです。そしてマグカップたっぷり淹れても苦いくらいに濃く出る濃いめの味なので、深煎りで濃くて苦いタイプのコーヒーが好きな方にはおすすめです。

美味しいコーヒーの入れ方

最後に美味しいコーヒーの入れ方を教えてくれる動画をご紹介します。コーヒー粉の蒸らしやお湯の注ぎ方など、簡単に真似できるちょっとしたコツを教えてくれます。

私が昔アルバイトしていたレストランではコーヒーはハンドドリップで入れていたのですが、その時に教わった内容と同じでしたね。覚えた入れ方がちゃんとした入れ方だったようなので一安心。いつもテキトーな感じの店長に教えてもらったので、半信半疑だったのですが押さえるところはしっかり押さえてたんですね。店長、疑ってゴメンナサイ。

まとめ

今回は食前に飲むコーヒーのダイエット効果についてご紹介しました。

  • 脂肪の蓄積を抑え、脂肪の分解を促進する
  • 食欲を抑える
  • 糖の吸収スピードを緩やかにし、血糖値の急上昇を抑える

今まで食後にコーヒーを飲んでいたダイエッターはぜひ飲むタイミングを変えましょう。おそらく日常的にコーヒーを愛飲している人って多いですよね。 せっかくなら何気なく飲んでいるコーヒーもダイエットに活用しちゃいましょう。「食後のコーヒー」から「食前のコーヒー」に。これがダイエッターの新常識です!(笑)

ただ飲み過ぎは辞めましょうね、胃を痛めてしまいますし、夜眠れなくなってしまいます。睡眠不足は不健康のもとですよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。皆さんの食卓でコーヒーのいい香りが立ち込めますように!

[cc id="8474" title="【ドクターズダイエットまとめ1】"]